紫外線とメラニンのメカニズムについて 2|京都市西院駅近くでリンパ・アロママッサージならOlive(オリーブ)にお任せください。

0759258884

お問い合わせ

0759258884

お問い合わせ

ブログ

紫外線とメラニンのメカニズムについて 2

ブログ

2018.08.14

こんにちは(^^)/ 前回に引き続きメラニンのお話し。

メラニン色素とシミの関係

メラニンが生成されてもターンオーバーのサイクルがきちんと保たれていればシミとして残りにくくなりますが紫外線を浴び続けることによってメラニン生成にエラーが生じ過剰にメラニンが発生することもあります。ターンオーバが追い付かずメラニンが蓄積されてしまうとシミが消えにくくなります。

メラニン色素は肌以外にも目、髪を守るために存在しています。また人間だけでなく動物にも同様に存在しています。

人種や地域でメラニン色素は違い、日本人やアフリカ系の褐色の肌や黒い髪は赤系や黒系の「ユーメラニン」の含有量が多く白肌人種に多いのが黄系の「ふぇおメラニン」です。フェオメラニンの割合が多いと紫外線のダメージを受けやすいと言われています。

どうすればメラニンに対抗できるのか?

基本は紫外線の防御とスキンケアですがSPFとPAの数値が高い日焼け止めでブロックしさらに抗酸化作用やメラニンの生成を抑える作用のあるものでケアを。また食生活も大切で抗酸化作用があるビタミンA、E、Cやたんぱく質を積極的に取るようにしましょう。

※SPF.PAの意味 SPFは紫外線防御効果を表しPAは紫外線のUV-Aを防ぐ効果を示していて+が多いほど効果が高い

女性なら日傘を使って紫外線を防いでいる方も多いと思いますが日傘で防げる紫外線は上からの紫外線。紫外線は地面からの反射光もありあらゆる角度から影響があります。日傘だけではなく日焼け止めのガードも必要です。

また紫外線を浴びると乾燥するので保湿は必須です!!

お盆休みでレジャーにお出かけの方も多いと思いますが紫外線対策お忘れなく(*^^*)

お肌のお悩み、ボディのお悩みなどなどいつでもご相談にのりますのでお気軽にご相談くださいませ♪

もともと色黒の鳥居は年間通してせっせと美白に励んでいます(笑)白くはならないですがお肌の調子はまずまずです~。

ではまた次回お会いしましょう。お盆もまだご予約に空きがあるところもございます。ご予約おまちしております!

 

pagetop