☆自分にあった癒しの導き方②☆|京都市西院駅近くでリンパ・アロママッサージならOlive(オリーブ)にお任せください。

0759258884

お問い合わせ

0759258884

お問い合わせ

ブログ

☆自分にあった癒しの導き方②☆

ブログ

2018.05.19

自分にあった癒しの導き方②

今回は五感(触覚・嗅覚・味覚・視覚・聴覚)を刺激して癒しを導く方法です♪

触覚

セルフマッサージでももちろん気持ちよさは感じますが自分で自分を触ると脳が刺激を予測するので効果が半減してしまいます。マッサージなどの触感による癒しのポイントは【信頼感のある他者にやってもらう】自分の体と時間をゆだねられるという信頼関係がとても大切なのです。例えばマッサージセラピストやエステティシャンは初対面でも安心感を与えるための接し方や触り方をプロとして訓練しています。施術の受け手に無理なく外部刺激を受け入れる心の状態になってもらうことが効果的な癒しをもたらすからです。気に入ったサロンや担当者との出会いがあったら数回通って当日と翌日の肌やからだの調子を意識してみてください。自分自身の変化について気づきがあるはずです(^^♪

 

嗅覚

【好きな香りを嗅ぐと呼吸が深くなる】

人は好きな香りを嗅ぐと無意識に深くゆっくりと呼吸を始めます。呼吸がゆっくりになると心拍もそのリズムに同調し心のリラックスを促す副交感神経が働き始め落ち着きを感じます。この反応は自分の好きな香りであれば種類にかかわらず効果があります。たとえば好きな食べ物や懐かしい香りでも同様の働きをします。呼吸を深くするという点で深呼吸にも同じような効果がありますが長時間続けると過呼吸になる恐れがありますので注意してください。

味覚

【テイストとフレーバどちらも大切♪】

味わうという感覚には2種類があります1つは舌が感知する味覚(テイスト)。味覚で気分が落ち着くのは甘味。糖は脳のエネルギー源なのです。さらに心を安定させる脳内物質のセロトニンの分泌にも糖は欠かせません。

もう一つは風味、口中から鼻に抜ける香りを含めた味覚(フレイバー)です。味と香りを同時に感じることでおいしさはアップ。香りの良い好物を食べたときには満足感がさらに高まります。

 

視覚

【好きな映画やドラマで頭も癒しモードに】

人は無意識に怖い表情を見ると自分も怖い顔になり、笑顔を見ると笑顔にまります。これは視覚による情動中枢(偏桃体)の反応です。偏桃体が安心を感じると呼吸や心拍、筋肉も落ち着きます。寛ぎたいときにお気に入りの俳優やタレントの番組やDVDを見ることは脳科学的にも効果的な癒しといえます。

聴覚

【ゆったりとした穏やかな声は心を動かす】

心を落ち着かせる音には鳥の声、水のせせらぎなどの環境音楽などがあります。抑揚少なく語られる響きの良い声もその一つ。ゆったりとした口調に同調して自分の呼吸が穏やかになり心拍が抑えられることで安心感を持ち共感へつながるのです。

 

今回は五感で自分に合った癒しの導き方でした。

オリーブではセラピスト全員がお客様と向き合い、心身のお悩みを少しでも軽くなるよう心がけております。

一度ご来店頂いたお客様がまた来たくなった。とリピートしてくださる理由の一つにセラピストの技術はもちろんんですが来てよかった。と笑顔でお帰りいただきたいという気持ちが伝わるのではないかと思っております。

隠れ家のようなリラクゼーションサロンオリーブへ日常を忘れ、癒しのひと時を味わいに是非お越しください。

 

pagetop