☆自分にあった癒しの導き方☆|京都市西院駅近くでリンパ・アロママッサージならOlive(オリーブ)にお任せください。

0759258884

お問い合わせ

0759258884

お問い合わせ

ブログ

☆自分にあった癒しの導き方☆

ブログ

2018.05.08

女性のメンタルケア、心の安定をもたらす脳内物質「セロトニン」と「オキシトシン」が癒しの鍵となります。

☆心を安定させるセロトニン

女性ホルモン「エストロゲン」の作用で脳内での合成、分泌が促進されるセロトニンは女性の心と体を安定させる力を持っています。エストロゲンは生理周期に沿って分泌量が変化するので減少する生理前に気持ちが落ち込んだり不安になるのはそのためです。ですが自分の力でセロトニンを活性化できます。

◎太陽の光

目に太陽の光を感じることで脳はセロトニンの活性化を促します。晴れた日は窓からの日差しでも効果あり

◎運動

1日に何度か5分程度の腹式呼吸を行うと良い。また朝夕に30分くらいのウォーキングやサイクリングも効果てき

◎スキンシップ、コミュニケーション

夕方以降に家族、友人、パートナーとの会話やコミュニケーションをとる。

☆心地良さから生まれる「オキシトシン」

心地良いスキンシップやおしゃべりをすることで「オキシトシン」は分泌されます。

ペットとのふれ合いやマッサージ、エステも同様の効果があります。ですがどんな場合も「好き」「安心できる」相手でなければストレスにしかなりません。

オキシトシンそのものに「脳に愛情や幸福間を感じさせる」作用があることがわかりました。

☆癒しの物質はSNSでは活性されません

忙しい1日を終えストレスを解消するのにはセロトニン、オキシトシンの活性化が必要です。でもそのどちらの分泌にも役に立たないのがデジタルのコミュニケーションです。SNSやメールでは癒しの物質は活性化されないのでアナログなコミュニケーションを心がけましょう。

自分にとってどんな状態が「心地良い」のか理解してますか?

【癒し】とは五感への刺激に脳が反応し「心地良い」と捉える心の状態と体の反応です。

「心地良い」と感じる刺激の種類や強さは人それぞれで、同じ人であっても体調により変化します。自分に合う刺激を知れるのは自分だけ。好きな香り、色、音など探し理解を深めると自分自身を知ることにもつながります。さらに同じ刺激を繰り返し行うことで効果が高まる傾向にあります。

肌のはりを感じたり寝付きが良くなったなどの実感ができたらホルモンや神経が良く働いている証拠です♪


次回は触覚、嗅覚、味覚、視覚、聴覚の5感を刺激して癒し脳になる。です。

読んでいただきありがとうございました(^^)

 

pagetop